装いの基本

装いに様々な決まりごとやルールのあるフォーマルシーンですが、
慶びの日以上に気を遣わなくてはならないのが悲しみの装いです。

正礼装 POSITIVE DRESS

喪主、親族、近親者、公式の葬儀など、ごくあらたまった場合の装いです。

服装
色は黒に限ります。また光沢のある素材や極度に透ける素材は避けます。
デザインは、できるだけ肌を見せないよう衿元のつまった長袖(夏は6~7分丈でもよい)が基本。派手な装飾のない、シンプルなワンピース、スーツ、アンサンブルで、膝がかくれる丈~くるぶし丈までのものを選びます。


色は黒、素材は布かカーフで、光沢のないもの。つま先はかかとが出るデザインはNGです。ストッキングも黒で統一。

バック
小型で光沢のない布製かカーフ、スエード製。留め金など飾りの目立たないものを選びましょう。

アクセサリー
ネックレスやイヤリングは白や黒のパール、オニキスが一般的。ネックレスは一連のものを。手袋も黒。

準礼装 QUASI DRESS

一般的な葬儀、告別式、通夜、一周忌までの法要など、ほとんどの場合は準喪服で通用します。

服装
色は黒が基本。ワンピース、アンサンブル、パンツスーツなど。適度なデザイン変化や流行を取り入れることができ、部分的に変わり素材(夏場ならレース、冬ならベルベットなど)をあしらったものもOKです。ただし、派手になりすぎないように注意してください。


正礼装に準じます。ストッキングは黒または肌色。

バック
正礼装に準じます。

アクセサリー
正礼装に準じますが、パールの他に黒サンゴ、ジェットもOKです。

略礼装 APPROXIMATELY DRESS

急な弔問、通夜、三回忌以降の法事や、葬儀後、お悔やみに故人宅を訪問する際などに着用します。

服装
ワンピース、スーツ、アンサンブルの他、ブラウスにスーツ、上下同素材の単品コーディネートでもよく、パンツスタイルもOKです。
色は黒以外にグレーや紺、グレイッシュなパープルなどダークカラーであればよく、無地以外に無地感覚のドット、ストライプ、チェックなどでも構いません。ただし、袖無しや衿ぐりの大きく開いたもの、フリルを多用したデザインは避けます。また、ベルトやボタンなどは黒で揃えます。


黒で、カジュアルなデザインは避けます。
パンプスか、冬場はプレーンなショートブーツでもよいでしょう。ストッキングは黒か肌色で。

バック
基本は正・準礼装と同様。小さめのもの、あるいは中型の革製で光沢のないものを。

アクセサリー
正・準礼装と変わりません。衿元の開いたデザインの服であれば、地味な色の無地スカーフを添えましょう。

ブラックフォーマル Q & Aブラックフォーマル Q & A

なんとなくはわかっていても、いざとなると不安なのが弔事の装い。
代表的な疑問にお答えします。

Question 1

初めてブラックフォーマルを揃えようと思いますが、どんなものがよいですか?

アンサンブルや3ピーススーツなど、どんな季節にも対応できるタイプがおすすめです。ブラックフォーマル専用にシンプルな黒のパンプス、小ぶりな弔事用バッグも揃えておきましょう。

Question 2

アクセサリーはどのようなものが
着用できますか?

弔事でのアクセサリーは、必要以上に飾り立てないようネックレスとイヤリング(ピアス)程度にとどめましょう。白か黒のパールが無難ですが、一般的な葬儀などであればオニキス、黒珊瑚などもよいでしょう。
ネックレスは一連、イヤリングも一粒タイプを。
指輪は、マリッジリング以外は外します。石の付いたものは、石を手のひら側に回しておきます。

Question 3

黒のスーツに、白のブラウスを
合わせてもよいですか?

白黒ならよいのではと思いがちですが、洋装の喪服では正・準礼装まで「黒一色」が原則です。略礼装でしたら、スーツ+白いブラウスでも構いません。

Question 4

靴は、夏でもパンプスでなくては
いけませんか?

どんな場合でも、サンダルやミュールは避けてください。
夏でも基本は黒のパンプスですが、一般の弔問客は、バックベルトタイプやオープントゥも許されます。

Question 5

手袋はしたほうがよいのですか?

正礼装では、黒い手袋をはめる(持つ)のがマナー。
準・略礼装でも手袋ありが望ましいスタイルです。夏場でしたら、はめずにバッグに添えて持ちましょう。手袋はお焼香の際には外しますが、献花や玉串奉奠(ほうてん)ははめたままで構いません。

Question 6

バッグはどのようなものを
持つのですか?

フォーマルバッグは小型が基本。喪服の場合も同様に小ぶりで、光沢のない素材(布製かカーフ)を選びます。留め具など飾りの目立たないものにしましょう。
爬虫類系の素材、エナメルのものはたとえ黒でもNGです。
デザインは手提げかクラッチ型。略礼装であれば、中型のものや小型のショルダータイプでも構いません。荷物がバッグに収まりきらない場合は、黒のサブバッグを用意しましょう。

Question 7

メイクやヘアで注意することは
ありますか?

「身だしなみ程度」のメイク、と言われることがありますが、これはお化粧そのものをしないとか控えるということではなく、きちんとベースメイクをしたうえで、口紅やチークの赤味や、アイシャドウの色味を抑えることです。
口紅はマットな淡いベージュやベージュビンクなど。アイシャドウもブラウン系でメリハリを加える程度にして、パール入りは避けましょう。まつ毛も軽くマスカラを付けるだけにとどめます。チークも顔色を整える程度にしてください。
またヘアですが、お辞儀をすることが多いので、ロングの場合はまとめるか、サイドで押さえるスタイルをおすすめします。

back to top