PARTY DRESS GUIDE

Q&A お呼ばれの装いマナー
よくあるご質問

結婚式や二次会の席では、お祝いする気持ちや相手を敬う気持ちを、言葉だけでなく装いでも表現したいもの。自分がおしゃれを楽しむだけではなく、その場にふさわしい装いをすることを心がけましょう。

INDEX

  • 教会での結婚式で気をつけることTopic1
  • 神社での神前式は
    和装じゃないとNG?Topic2
  • 黒のドレスは結婚式に
    ふさわしくない?Topic3
  • 柄の入ったドレスは
    結婚式に向いてない?Topic4
  • キラキラと光るアクセサリーは
    ふさわしくない?Topic5
  • サンダルをドレスに
    合わせても構いませんか?Topic6
  • 着終わったドレスのお手入れ方法Topic7
Q1.

午前中に行われる教会での結婚式に出席するのですが、気をつけることはありますか?

昼間、そして神聖な教会での挙式ですので、極端な肌の露出はNGです。胸元や背中が大きく開いたデザイン、膝上丈や深いスリットの入ったボトムスは避けましょう。ノースリーブのドレスを着る場合は、長めの袖のジャケットやボレロを羽織るなどして、露出を抑えます。

Q2.

初めて神社での神前式に呼ばれましたが和装でないといけないのでしょうか?

神社だから和装でないといけない決まりはありませんので、教会やホテルと同じようにドレスやスーツ、セットアップで構いません。披露宴の席が座敷の場合は、スカート丈が長めのものを選んだほうがよいかと思います。

Q3.

黒のドレスは結婚式のお呼ばれにはふさわしくないのでしょうか。

黒のドレスはゲストの装いとしてとても人気があります。ただし、全身黒でまとめてしまうと喪の装いのように見えてしまうことがあるので注意しましょう。羽織りアイテムやアクセサリー、バッグ、靴などの小物は、黒以外の色で輝きのあるもの、ビーズやラメ入りなど、お祝いの席にふさわしい華やかなタイプでコーディネートしてください。 ドレス自体の素材も、光沢や透け感のあるドレッシーなもの、レースなどがおすすめです。

Q4.

花柄のノースリーブドレスを持っています。柄の入ったドレスは結婚式に向いてないのでしょうか。

柄物のドレスが結婚式に向いていないということは全くありません。男性がモーニングや燕尾服を着なくてはならないような、大変格式のある披露宴やパーティーの場合は柄物はあまり使われないようですが、一般的な結婚式や披露宴であればプリントや織柄などを華やかに着こなしていただいて問題ありません。バッグやシューズなど小物の色を統一すると、すっきりとした上品なコーディネートにまとまります。

Q5.

ガラスやクリスタルなどキラキラと光るアクセサリーは、昼間のパーティーにはふさわしくないのでしょうか?

昼のアクセサリーはパール、珊瑚、琥珀、めのう、ガーネットなど、光の強くないものがふさわしいといわれますが、ごく一般的な結婚式やパーティーであれば、よほどゴージャスな強い光りを放つアクセサリーでなければ問題ありません。フォーマルスタイルはアクセサリーをつけて完成しますので、ネックレスやイヤリング、ブレスレットなどドレスに合わせてコーディネートしてください。

Q6.

ラインストーンのついたサンダルを結婚式のお呼ばれでドレスに合わせても構いませんか?

結婚式などのあらたまった場所では、つま先とかかとが隠れるパンプス、またはバックストラップのパンプスが安心です。カジュアルなウエディングや二次会などであれは、足を覆う部分が多く、パーティー向きのエレガントなデザインのものでしたら許されるかと思います。普段履きのカジュアルなサンダル、ヒールのないものは避けましょう。また素足は基本的にNG。ストッキングを履きましょう。

Q7.

着終わったドレスのお手入れは、どのようにすればよいでしょうか。

ドレスの内側に縫い付けてある洗濯表示に従って、クリーニングに出すなどのお手入れをしましょう。ドレスはデリケートな素材や細かい装飾など、取り扱いが難しいものもありますので、保管やクリーニングの際は十分にご注意ください。
エメの店舗ではご購入商品のクリーニングを承っております。ドレス専門の業者で丁寧に仕上げますので、ぜひご利用ください。(クリーニング代は別途かかります。)保管の際は、不織布のカバー等に入れて間隔を空けてクローゼットに入れておきましょう。