EVENT & CAMPAIGN

  • ALL(0)
  • PARTY DRESS(0)
  • WEDDING DRESS(0)
  • STAGE DRESS(0)
  • CEREMONY DRESS(0)

NEWS & TOPICS ニュース&トピックス

ディレクターズコラム ~こだわりの生地で紡ぐ、記憶を彩るコレクション~

カラードレスのNEWコレクション「Colorful memories」が8月いよいよお披露目となります。
本日はお披露目に先駆けてコレクションに込められたとディレクターの思いを少しだけご紹介したいと思います。

 

 

 
#1 「Colorful memories」に込めた思い
コロナ渦でめまぐるしく変化していく世の中、特に昨年は演奏会やコンサートの中止を耳にすることも多く、

今だに多くの影響を及ぼしているのではないでしょうか。
ディレクターは、そのような状況の中でもご来店下さるお客様の思いに触れ、

ドレスを纏うその瞬間がどれほど特別なものであるかを肌で感じたそうです。
昔音楽をしていたディレクター自身、お気に入りのドレスを着てステージに立った時の感動や、

自分の世界が広がっていくような感覚、会場全体に幸せな感情が連鎖していく光景を思い出したのだとか。
「お客様にはきっと『こんな演奏がしたい』など理想の姿があってステージに立つのかなと思います。
いつかお客様がなりたい自分や未来に近づけたとき、思い出す光景の中にエメのドレスを纏った姿があったら… 
そんな記憶に残る色とりどりな瞬間を生み出すコレクションにしたい、という思いで決めたテーマです。」と語ってくれました。
 
 
#2 複雑な工程を経て完成した生地「プリントonハンドハケグリッター」
本コレクションを語るうえで欠かせないのが、“生地”。
コレクションごとにディレクターとデザイナーにより選ばれた生地はその時々のテーマを象徴しています。

 


■ステージドレス(12-6-020)
Color: レッド/ブルー

今回のメインビジュアルとなるドレスには、シャンタンにオリジナルで大輪のバラを描き、

さらにハンドハケグリッターを加工するという工程を経て織り成された生地を使用。
まず無地でトワルを組んだ後(パターンを裁断して組み立てること)、

プリントする柄の大きさや柄を載せる位置を決めて生地にする為、通常よりも複雑で大変だったとか…。
しかし、立体的に組み立てられ考えられたプリントだからこそ、

ドレスとしての仕上がりがより美しいバランスになった、と自信のある表情のディレクター。

 

 

 

そうして試行錯誤して作られたプリントの上にはハンドハケグリッターを加工しています。
職人が描いたグリッターは表情豊かにハケの動きが表現され、

機械で作成するパターンには決して出せない味のあるデザインに魅力を感じました。
ディレクターは「憧れの1着」を作りたいとこのドレスを企画し、

デザインから仕上がりまではなんと4か月以上(企画を始めてからは半年以上…)かけて制作したそうです。
「一つのステージを作り上げるために長い期間練習を重ね、当日を迎えるご演奏家の皆様にこそ着てほしい…

“憧れのステージに立つことができた日”、“素敵な演奏ができた日”、

自分自身も見に来てくれた人にも記憶に残るような特別な日に着てほしい」と語ってくれました。
 
 
#3 神秘的な艶と潤いの「スパッタリングオーガンジー」
ユリの花モチーフをグリッターで描いたマットなオーガンジーが全身を包むドレス。
そこに取り入れられたのが、キーとなる2つ目の生地「スパッタリングオーガンジー」です。

 

 

 

■ステージドレス(12-6-022)
Color:グレー/ピンクベージュ/ラベンダー
 
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と詠われるように、

ユリはその優美な姿が美しい女性を形容する言葉として使われるほど…
ユリの持つ凛とした上品なイメージを引き出すために、艶と潤いが何とも言えない美しさを生み出す
「スパッタリングオーガンジー」を採用したのだとか。

 

 

 

スパッタリング加工とは、金属をナノメートルの薄さで生地にコーティングする特殊な技術。
素材の特性(風合いなど)を変えずに機能性を保持できるので、様々なものに使われているそうです。
今回は機能性ではなくスパッタリング加工の持つメタリックな質感を生かし、デザインのポイントに。
角度によって色が変わる意匠性は言葉で言い表すことが難しく、軽いオーガンジーに加工を施すことでひらりとした動きが加わり、

その独特な風合いに思わず視線を惹きつけられました。
どこか神秘的なオーラを纏うこちらのドレスは、なりたい自分や思い描く未来に近づくための希望を表現している1枚だそうです。
 

ステージに立つまでのストーリー、そしてそこから新たに繋がっていくストーリー、

お客様一人一人のストーリーを色づかせる多くの仕掛けが今回のコレクションには含まれています。
ぜひじかに手に取ってその仕掛けを感じて頂きたいと思います。
 

こちらのコレクションは下記日程で開催される「ステージドレスフェア2021」でご覧いただけます。
(感染症予防対策の為、完全予約制となります。)
 
<大阪会場>
8/5(木)~8(日)
天王寺MIO 12F[MIOホール]
ご予約はこちら▼


 
<東京会場>
8/27(金)~29(日)
ベルサール渋谷ファースト B1F
ご予約はこちら▼

 

category
tag
share